被災地の家など 被災地の建物 被災地の場所

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
被災地の家など

私たちが住んでいる日本が地震大国であるということは、皆さん周知の事実であることでしょう。
そのため、住宅の耐震性が気になり点検やリフォームを考える人も少なくありません。

現在は地震対策の基準も厳しくなってきているので、新築で建てたばかりの方や建売住宅を購入したばかりの方は、建てた工務店の仕事に問題がなければすぐに耐震補強の必要はないでしょうが、中古住宅や建ててから時間がたっている場合は点検を受けたほうがいいでしょう。 続きを読む

被災地の建物

地震というものは、専門家でさえもいつ起こるかはっきりとは分からないため、安心してご家庭で過ごすためにも早い時期に耐震補強のリフォームを行うべきなのです。
特に注意が必要なのは、旧耐震基準の古い木造の家屋や1階部分が車庫になっていて、柱だけで壁がないような状態で2階の建物の部分を支えるピロティーになっているような建物は、2階の建物の部分を支えているのが柱だけですから壁と一体で支えるのと比較しますとかなり不安定となりますので、地震が来ると倒壊の危険性が高くなります 続きを読む

被災地の地割れ

近年、日本では大きな被害を生んだ地震や津波の影響で、防災意識の改革が叫ばれています。
災害自体は起こってしまうのでできるだけ被害を最小限にすることや、2次災害を引き起こさない為に、事前に準備や心構えをしておく必要があります。
そんな防災の一環として、一般の家庭や学校などの公共施設などでは地震対策として耐震補強を目的としたリフォームが盛んに行われています。 続きを読む